介護職の悩み

介護でのトイレ介助って抵抗ある?苦手意識をなくすポイント

こんにちは!
おにぎり2525です~

突然ですが・・・他人や親の排泄介助、あなたにはできますか??

排泄介助は介護の基本的な仕事なのですが、苦手な介護職員も多いみたいです(特に介護初心者は)

実はわたしも苦手な時期がありまして・・・
どうやって克服したのかそのポイントをお話したいと思います!!

参考になれば、嬉しいです!

仕事だからできること??

先日、利用者さんのご家族が面会に来られたときのこと。

「昔はしっかりした人だったんだけどなぁ・・・」とお話されていて

そういうしっかりした親の姿を覚えていればいるほど

親のできなくなる変化についていけない人が多い気がします。

もしかしたらわたしも「仕事」だから

抵抗なく排泄介助できているのかもしれませんね。

においに敏感な妊婦中・・・

わたしは介護初心者のころも、排泄介助に抵抗がありませんでした。

トイレ介助もオムツ交換も全然平気!!

ただ・・・においに敏感な妊婦中だけは、話は別でした。

排泄物のにおいを特に敏感に感じ

利用者さんには悪いんですが、オムツ交換中など気分が悪くなったりしていました。

それを少し緩和してくれたのが

「二重マスク」でした。

においが軽減されて、排泄介助が少し楽になりました。

息苦しさを感じるので、排泄介助のときだけ二重するのがポイントです。

完全ににおいをシャットアウトしたい場合は、マスクをしてテッシュで鼻栓するのが最強です!!

鼻栓を準備しているところは、職場の人には見られたくないですけど(笑)

結局のところ・・・慣れもある

排泄物に嫌悪感を抱くのは、人間として当然の感情です。

それを仕事として自分が受け入れれるかどうかです。

排泄介助が苦手・・・という人も1か月も続けていくうちに、慣れてくることもあります。

逆に1か月続けて、どうしても嫌!!という人は今後慣れることはないかもしれません。

まとめ

排泄介助は介護職員の重要な仕事の1つです。

介護の仕事を続けるのは、苦手意識を克服する必要があります。

まずは自分がどうして苦手なのか、よく考えてみてくださいね。

においが苦手・・・という理由だけなら、克服できるかもしれません!

排泄介助に慣れてくると逆に便が出なくて心配になり、早く出てくれーと懇願するようになります(笑)

そこまでいけたら、排泄介助も一気に楽になりますね♡

大変な仕事ですが、頑張りましょうね!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です